イイズナ least weasel 雪国で白くて小さくい「イイズナ」に遭遇

哺乳(ほにゅう)綱食肉目イタチ科の動物。北アフリカと西ヨーロッパからアジア北東部に分布し、日本では北海道と東北地方および中部地方の高山にいる。コエゾイタチともいわれる。北アメリカ産のアメリカイイズナM. rixosaも同種にまとめる学者もいる。体長15~20センチメートル、尾長2~3センチメートル、体重10グラムほどで、食肉目のなかでもっとも小さい。夏毛は背面が黒褐色で腹面は純白、冬毛は全身白色となる。主食はネズミ類で、体が小さいためにネズミの穴に自由に入り込むことができる。そのほかカエル、ヘビなども捕食し、ウサギも攻撃するので、これらの天敵として重要である。ネズミが多い場所なら森林、草原を問わず生息し、人家の近くにも姿を現す。交尾、出産は春から夏の間で、年2回以上の出産もあるといわれる。1回の産子数は3~9頭。毛皮は質が劣り、小さいので利用されない。
Video Rating: 4 / 5